社会人の婚活に必須のメールの会話テクニックと注意点まとめ

社会人の婚活に必須のメールの会話テクニックと注意点まとめ 
社会人男女の婚活で必須になるメールの会話テクニックについてです。

 

結婚活動をして、ついてまわるのが相手とのコミュニケーションですが、そのつなぎとして役立つのがメールでの会話です。

 

今はパソコンやスマートフォンは一家に一台のような感じで、持っていない人の方が珍しいと言えます。

 

そのような事からメールでのやり取りをする事も多くなってきたのが現状です。

 

本来は電話でやり取りをした方がコミュニケーションを取りやすいですが、携帯の連絡先を先に教える人はほとんどいませんので、メールがその変わりとなるので何かと便利になります。

 

特に婚活サイトを利用している人は、このメールでの会話のやり取りに困ることがあると思います。

 

どのような事を発信していけば良いのか、そのテクニック的な事についてのまとめです。

 

 

社会人の婚活に必須になるメールでの会話の基本的な事

社会人の婚活に必須になるメールでの会話の基本的な事 
社会人の婚活に必須になるメールでの会話ですが、まず基本的な事についてです。

 

敬語、共通点を見つけておく、情報量を多めの返信、まずはこの3つが基本でもありメールでの会話の軸になってきます。

 

 

  • 敬語と辞める時期について

敬語については社会人であれば詳しい説明をしなくても分かると思いますが、何も関係ない関係から始まっていますので、敬語で話すことは当然になります。

 

敬語は相手に思いやりの言葉として、または大人の礼儀として必須になりますが、一般社会人であればできない人はまずいないと思います。

 

それよりもいつ敬語を使わないで話した方が良いのかの方が気になると思います。
ここの答えは仲良くなってから!です。

 

要するに相手が心を開いてくれた状態のときに敬語を辞めるのがベストという事になりますので、何回目も会っていたとしても相手が心を開いていない状態であれば避けた方が無難になります。

 

婚活に良くある告白も同じことで、相手が自分に恋愛感情がないときに告白しても相手に迷いが生まれます。

 

タイミングというものがありますので、それを見極めてから敬語を辞めるようにすれば良い事になります。

 

 

  • 共通点を見つけておく

婚活サイト、または婚活パーティーや結婚相談所にしても、自前に相手のプロフィールが分かっているわけですから、そのプロフィールを見て共通点を見つけておくようにします。

 

出身地、家族構成、血液型、趣味や好きなものなどです。

 

共通点があるということは、それだけ相手も親近感が湧きやすくなりますので、メールをするときには非常に役立ちます。

 

ただ、その共通点が見つからないときがあります。

 

この場合は、相手の趣味や好きなものに注目をして、それに自分自信が興味を持つことで親近感を生み出すことができます。

 

例えば相手が「料理が好き」という事であれば、それに対して興味を持って話すことがポイントです。

 

 

  • 情報量を多めにして質問を返信する

情報量を多めにして質問を返信するというのは、例えば相手から「今日は天気が良いですね?」と返信がきたとします。

 

そにれ対して「そうですね!」これで終わってしまうと印象が弱くなってきます。

 

これは当たり前の会話であり、ほとんどの人がこのような対応になってしまいます。

 

婚活ですからもう少し相手に興味をもってもらう返信をします。

 

「本当に気持ちが良い天気ですね!これだけ天気がいいと外で運動したくなってくるような、どこかに出かけたいような、何か家に閉じこもっているのがもったいなくなるような気持ちになってきます。〇〇さんは外に出かけることは好きですか?」のような感じです。

 

何気ない質問に対して、情報量が多いことで、相手からすると親切さや人間性、そして優しさ、さらに相手に情報量が多くなることで、会話の糸口がつかみやすくなってきます。

 

要するに相手も何を話せば良いのか、またはどのように接していけば良いのか分からない事が多いという事です。

 

2人ともこの状態になると、メールは続かなくなってきます。

 

情報量を多めにして質問を返す、この繰り返しが基本だと思ってください。返信に対して、自分の気持ちを入れて話すような感覚を持つようにします。

 

そうすることで相手に早く人間性を知らせることができますので、それが安心感にもなりメールをする事が心地良くなってきます。

 

相手がどのような人か分からないと会話は弾まないものです。

 

そして返信するときは誤字に注意してください。ちょっとした事ですが、この誤字から印象を落としてしまう事になるからです。

 

そしてメールの頻度についてですが、少し余力を残した頻度にします。その日に長くやり取りをしてしまうと、相手はお腹いっぱいになり話すこともなくなってきます。

 

少し余力を残した状態で終わるようにします。

 

 

社会人の婚活!メールの会話が続くその他のテクニックとは

社会人の婚活!メールの会話が続くその他のテクニックとは 
社会人の婚活に必須になるメールでの会話ですが、それ以外のテクニック的な事についてです。

 

これは無理してする必要がありませんので、できる範囲の事でチャンレンジしてみて下さい。

 

顔文字の利用、時間を決めてやり取りをする、

 

  • 顔文字の利用

何回かメールをすると、その人がどのような人なのかイメージはできると思います。
相手がオープンな感じであれば、顔文字を利用していきます。

 

どうしても顔を見て話しているわけではないので、実際に会って話すことと比べるとリアリティに欠けてしまいます。

 

そのため相手が心を開いてきたら顔文字を利用するようにします。そうすることで気持ちが伝わりやすく、そしてさらに親近感を作ることができます。(>_<)(^^)のような感じです。

 

女性であれば絵文字を利用しても問題はありませんが、男性の場合は絵文字ではなく男性らしく顔文字を利用してください。

 

男性は特に間違ってもハートマークだけは送らないようにしましょう。

 

  • 時間を決めてやり取りをする

時間を決めてやり取りをするという事は、相手との別れの時間を決めておくことで、相手を引き寄せるための方法です。

 

これは高騰テクニックのような感じで、相手がコチラにやや好意があると確認できたときにだけ行ってください。

 

失敗すればそれまでになりますので注意が必要です。

 

ある規則性を作っておくことで、そこに見えないルールが生まれ、それに対して寂しさを感じるようになってきます。

 

例えばあるお店でデートをして、話しが盛り上がっていて、そこに突然「お客様、今日はもう閉店の時間です。」のような事を伝えられたら、どのように感じるでしょうか。

 

とても寂しさが残ると思います。

 

これと同じことで、メールをする時間を決めておくことで、寂しさが生まれ、お互いに恋愛感情を抱かせやすくなります。

 

あまりおすすめする事はできませんが、このような方法のあるとだけ覚えておけば良いと思います。

 

他の人の意見も色々と聞いてみる

スポンサードリンク

トップへ戻る