婚活で相手との会話のタブーは?以外に気がつかないその内容

婚活で相手との会話のタブーは?以外に気がつかないその内容 
婚活で相手との会話のタブーについてです。

 

社会人になってもついついしてしまいがちな失敗というのは、色々あるものです。

 

これは婚活ばかりか、仕事でもそうで、毎日が社会勉強のような感じで、失敗から成功を学んで分かっていくことが多いと思います。

 

ただ結婚活動というと、一期一会のようなところがあるので、何回も同じ相手に失敗するわけにもいかないし、またそれもできません。

 

その方との出会いに一度失敗してしまうと、そこで終了してしまう事になります。

 

気に入った人であれば、もう一度チャンスがほしいところですが、それができないのが婚活でもあります。

 

また他の人にアプローチをしなおしという事になります。

 

そこで最低限ですが、その婚活で失敗しなためのタブーとなる会話の内容についてのまとめです。

 

まずは再現のラインを知っておくことで、最悪の事態を回避する事ができます。

 

以外にも気がついてしない人も多いのですが、どのような事が嫌われてしまうような会話内容になるのかまとめていますので参考にして下さい。

 

 

 社会人の婚活!会話のタブーになる失敗の元になるものまとめ

社会人の婚活!会話のタブーになる失敗の元になるものまとめ 
社会人男女の婚活で、会話のタブーについてですが、大きくまとめると6つぐらいあります。

 

相手の話題を聞いていない、上から目線で話している、自慢話が多い、愚痴が多い、悪口、マイナスな思考です。

 

これらの要素があると、婚活での会話は非常にマイナスになってきます。
どのような事なのかその内容についてです。

 

 

  • 相手の話題を聞いていない

相手の話題を聞いていないというのは良くあることで、自分の話しをしたいがためにいつの間にか、相手の話しを聞いていない事があります。

 

要するに「自分が話したい」という欲求が強いために、無視をするような気持ちがなくても、自分が気がつかないところで、そのようになっている事があります。

 

冷静さをどこかで失っている状態で、または性格的なものが影響する事があります。

 

ついつい油断してしまうと、このようになってきます。

 

アルコールで酔った方がちょうどこのような状態で、何となくイメージできると思います。

 

これを回避するには、冷静さを失わないことです。

 

何かで胸が高鳴り冷静さを失うと、このようになりますので、おちついて話すように心がけをしましょう。

 

 

  • 上から目線で話している

これも良くあることで、婚活の時の会話時にはタブーとなってきます。

 

原因は、社会的地位が高い、または相手を低く見た時に、この態度が出やすくなります。

 

社会的地位が高いというのは仕事上の事を指し、上司になるような位置になる人が勘違いを起こしやすい傾向にあります。

 

社会的地位が高いと、どうしても仕事上の立場から、上から目線になって話すことが多くなりますので、それがそのまま出てしまう事があります。

 

仕事では役立つこともありますが婚活では役立ちません。

 

要するに純粋に人との付き合い方を忘れた方が起こしやすくなります。これも案外気がつかないところで、出てしまっているところがあるので注意が必要です。

 

会話の最初よりも、話していて、その人の人間性が何となく見えて来たときに上から目線になってしまう事が多いと思います。

 

ついつい何かが気になってしまって「こうした方がいいと思いますよ」みたない感じです。

 

相手のためにはなりまけど、結婚とは何も関係ない事になりますので、ここも注意が必要です。

 

 

  • 自慢話が多い

これも良くあることで、自分の自慢話をしてしまいヒートしてしまう事があります。

 

どうしてもゆずれない、または自分の得意なものについては、話す内容に火がともりますが、それを抑えることができなく、ついつい自慢するつもりではないけど、それについて熱く語ってしまう!このような事は婚活のときでなくても人生においてあると思います。

 

人はどこかで褒められたいという欲求を強く持っていますので、それに直結するものが自慢話という事になります。

 

話している方は、自慢している意識がないのですが、相手からするとそれが自慢話に聞こえてしまいます。

 

趣味についての話しは、ほどほどにした方が良いと思います。

 

 

  • 愚痴が多いし悪口がある

愚痴が多い、誰からの悪口を言うことも会話のタブーになります。

 

同じく共感できるような仲間内であれば多少のことは良いにしても、悪口自体は、人間性を疑われます。

 

何に対しても悪口はダメだということです。

 

例えば「ここの場所なんかフインキ悪いよね」みたいなものでもダメだという事です。

 

マイナス的な要素は全部排除して話すようにして下さい。

 

人はどこかで気を抜きたい生き物で、どこかでストレスの発散として、愚痴をこぼしたり悪口をいってそのストレスを解消しようとするところがあります。

 

全員がそうだとは言いませんが、どちらにしても愚痴や悪口は婚活の場ではマイナスしか生みませんので、これも注意するようにしましょう。

 

 

婚活のときにタブーな会話をしてしまう社会人男女のまとめ

 

婚活のときにタブーな会話をしてしまう社会人男女に共通してくるのは、気を抜いている状態です。

 

相手を友達のように見てしまった、またはなれなれしくなってしまった、このようなときにタブーとなる会話をする傾向にあります。

 

気を抜くことは確かに必要な事ですが、相手への気遣いも気を抜いてしまっては婚活の成功は難しくなってきます。

 

特に会話、コミュニケーションは大事な要素になってきますので、最後まで気を抜かない事を心がけしてみて下さい。

 

最後まで気を使えると成功率も上がってくるはずです。

 

他の人の意見も色々と聞いてみる

スポンサードリンク

トップへ戻る