社会人男女の恋活の悩み対策!コミュニケーションの取り方

社会人男女の恋活の悩み!コミュニケーションが取れない

社会人男女の恋活の悩み!コミュニケーションが取れない 
社会人男女の恋活の悩みで、異性とコミュニケーションが上手く取れない!についてです。

 

前回も会話術の基本でもいいましたが、基本的に上手く話す会話の前に、気持ちの持ち方が自然な会話ができる事を話しましたが、今度は具体的な内容についてです。

 

これも形があるようで実はないのですが、何を話せば良いのか分からない人にとっては、本当に苦しいかもしれません。

 

実際に恋活をしていてい、初めてのデートで何を話せば良いのか分からず、頭の中が真っ白!このような声も良く聞きます。

 

せっかくいい人と出会えたのに、上手いコミュニケーションをする事ができなく、それから音信不通のになったなど、そのような声も聞きます。

 

そのコミュニケーションの基本的な事についてまとめているので、参考にして下さい。

 

 

社会人男女の恋活の悩み対策!コミュニケーションの基本とは?

社会人男女の恋活の悩み対策!コミュニケーションの基本とは? 
社会人男女の恋活の悩み、コミュニケーションの基本につていですが、2つあります。

 

相手の興味があることを広げる、そしてもう1つがある言葉を使わない事です

 

相手の興味があることというのは、これは聞いてみたないと分からないことなので、その興味があるものを最初に聞いていくような感じです。

 

趣味や好きなものは、人間であれば必ずあるものです。

 

ゲーム、スポーツ、多いものでは映画鑑賞や音楽を聞くこと、好きな芸能人など色々です。

 

例えば音楽を聞くことが好きなのであれば、その話しを聞いていくような感じです。

 

そしてその話しを広げるようにして話すことで、コミュニケーションは自然に生まれます。

 

コミュニケーションが取れない人は、ここで話しが終わってしまいます。

 

「音楽が好きなんだーへぇー」極端にいうと、これで終わってしまいまた次の質問をするような感じです。

 

これでは警察の誘導尋問のようなコミュニケーションになってきます。

 

会話ではなくて、質問になってしまいます

 

人は話すことが好きな生き物です。

 

さらに自分の好きなことは、たくさんの人に話したいわけです。

 

それを「へぇー」で、終わらせてしまっては、会話が単調になってきます。

 

そこの気持ちを理解してあげて、もっと興味を持って聞かなければ、相手は、自分に気持ちを打ち明けようとはしなくなります。

 

興味があることについてあまり聞いてくれないからです。

 

相性というのは、こういうとこから生まれるものなので、相手の趣味、または興味があることについて話しを広げていくようにします。

 

自分が知らない範囲であれば、それについて興味を持って聞いていく、知っているのであれば共感する、これが基本になります。

 

そしてある言葉を使わないとういのは「そうなんですか」この言葉を使わないようにする努力です。

 

自然に知らずのうちに使っていることが多く、この言葉はコミュニケーションを難しいものにさせていきます。

 

「そうなんですか」とういのは、何も理解していない証拠となる言葉で、また関心がないときに良くでる言葉です。

 

この2つだけ注意すれば、自然なコミュニケーションが取れるはずです。

 

さらにレベルが高い内容もありますが、そうなると営業的な話しになってくるので、そこまでは必要はないと思います。

 

関連 社会人男女の婚活のときの基本的な会話のコツはコレで解決!

スポンサードリンク

トップへ戻る